FC2ブログ
03≪ 2014/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-04-16 (Wed)
また少し新しい情報を入手したので。以下が論点。
1.STAP細胞の作成に関する再現性の確認
→小保方以外に、作成成功した人間がほとんどいない。非常に再現性が低い。
2.再現性が低い以上、特殊な条件でのみ作成されるのかもしれない。
3.非存在の証明が不可能である以上、存在を証明するには、安定再現性のある方法の確立が必要。
→あとは、どの機関がお金を出して小ぼ方にやらせてあげるか?
4.公開論文
少なくとも、Natureの論文は正しい論文とは言えない。この論文を論拠の一つとしては利用、転用は出来ない。
5.特許
おぼがたが公開出来ない事情として、特許の問題があるのであれば、現時点で特許原稿を記述しているかどうか?がポイントである。
→しかし、怪しい。以下の記事を見る限り、理研内部の上層部の研究者は特許情報を確認することが出来るはずだが、できていないと思われる。つまり、特許原稿は存在しない。
→つまり、仮におぼがたが安定再現条件を生成する技術、情報を確立しているとすれば、いつ、どこの権利として特許出願をするか?がポイントだが、少なくともそれは理研ではないと言える。
6.おぼがたの論拠
以上より、おぼがたの主張が真であったとしても、それを立証する手段、方法は現状では存在していない。もしくは、公開されていない。その存在を立証する方法が存在していない。
7.結論
おぼがた事例において、真となりうる事実は存在していない。ただ、メディアで公開されているコメントだけであり、技術者、研究者がその論拠としうる科学技術は存在していない。公開されていない。
→つまり、ネット上でのただのたわごとに過ぎない。

http://www.asahi.com/articles/ASG475KKYG47PLBJ00J.html?ref=reca

http://blogos.com/article/84415/
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-04-12 (Sat)
STAP細胞に関して。おぼがた事例と表現したのは、事件、事象という表現には抵抗があるから。
海外はかなり冷ややかに見ていると感じる。
今の日本は技術立国どころか、魔女狩りの国?
こういう問題には論理学が最適。
想起しうる、価値のある命題を探ってみよう。
1. STAP細胞は存在する。
真であるならば、明示すればよい。その生成プロセスを。
偽であることを証明するのは、帰納法では不可能であり、演繹的に論証するしかないが、不可能と言える。
同様の命題として、
2. 人間はその肉体のみで空を飛行可能である。
などがそれ。
STAP事例はそういう次元の問題である、という認識が客観的に正しいと考える。

以上。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-04-05 (Sat)
おっぱいを大きくする為に女性ホルモン剤を飲んでいますが、睾丸が男性ホルモンを製造するので、睾丸摘出手術をした人とは効果が違います。
以前はハイレスを飲んでいたことも有りますけどそれほど効果は感じませんでした。
先日、ダイアン35というピルを知り良さそげに思えました。ただ副作用についてフランスで話題になっていて少し怖いかも?
それからシテロンという抗男性ホルモン剤を知り発注しました。
ハイレスも同様の薬でした。
男性ホルモンを抑制しつつ、女性ホルモン剤を飲むというパターンに注目です。
おっぱい大きくなりたいな。
今日はまた、蕨縁のお姉様が素敵な彼といらして下さいました。
ブログのファンと言われて、少しドキリ(@_@)。
少しレベルアップしないといけませんね。
そう言えば、MXテレビでタイガーマスクの最終回とジョジョの第三部スターダストクルセイダーズ、空条承太郎始まりですね。
ルリ子さんほど切ないヒロイン、伊達直人ほどクールなヒーローもいないですよね。クラウンホテル519号室。タイガーマスクのプレミア背景の一つ。
ガストにて。ピンクのスプリングコート、どうしようかな。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。