FC2ブログ
07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-09 (Sun)
今朝起きたら、以下のような素敵なコメントを『名無し』さんからいただきました。
前回は、『不正ポイントを通報しました』でした。

------------------------------------
あなたのブログを見て正直不快です。
まあ書く本人が何をしようと勝手ですが‥
性同一性障害でもないのに、カテゴリーに登録しないで下さい。気持ち悪い。
女装カテゴリーに醜態を晒すのはともかく、カテゴリー違いのところで汚いのを見せないで欲しいです。
普通の一般の方も見ているのです。
何を書こうが勝手かもしれませんが、公開するカテゴリーとモラルをわきまえて下さい。

後シーメールもニューハーフも変わらないです。
シーメール→アメリカ
ニューハーフ→日本
ただ国によって言葉が違うだけです。
--------------------------------------

なぜ、このコメントが貴重であるか?と言えば、
それは、日本ブログ村というコミュニティの特徴と特殊性に興味を持っているからです。
以前、ばくちゃんが書こうと思っていると言っていた内容の一つです。

私はハードマゾだし、自分が綺麗だなんて、間違っても思ってもいません。
でも、OUTポイントのアクセスがなぜ5600もあり、リピーター率が30%近くもあるのか?
それを解明したいという欲求があります。
この話を整理するために、私はまず以下の視点から始めたいと思います。

1.ゴア副大統領が提唱した、情報ハイウエイ構想
2.インターネットに代表されるIT/IP技術の急速な進化
3.Googleから始まったBigData解析技術
4、日本ブログ村の本質
5.インターネットにおける情報検索の力と言語差
6、ドラッガーが提唱した、情報社会の基本構造
7.日本語のローカル性
8.日本経済シミュレーション
9.日本再生シナリオの構築

概論ということで結論だけ言います。
日本ブログ村の持つ情報量は膨大である。しかし、各情報の質については保証はされない。
そして、日本語限定である。
WWレベルでは、英語が現時点でも共通語であり、その情報量は日本語の比ではない。明確に意識するために、一例として、インドのIT事情をあげます。インドはその言語多様性がインターネット発展に強い制約を与えています。
そのために、インドIT環境の進化は限定的と言わざるを得ない。
インドにこの言語多様性の問題がなければ、現時点でもインドは中国に匹敵もしくはそれを凌駕する国と考えざるを得ない。
要するに、程度の差こそあれ、日本語というローカル言語を使用する国はこのインドの例と本質的差異はない。
ある情報を検索する際に、yahoo.comとyahoo.co.jpでは、守備範囲が異なる。
英語を使用する国と互角に戦うためには、この問題に取り組まなければならない。
少なくとも、今の日本が今後の時代環境で生き残る上で、英語に対する国をあげてのシステマティックな対策が急務である、というのは一つの明確な結論。国力という観点において、一部の学者やビジネスマンだけが英語を使えればいいという時代はすでに終わっていると考えています。
『自分だけが良ければいい』ではなく、『日本を真面目に再生する』ためには、情報検索におけるグローバライゼイションを日本の全国民が真摯に検討しなければならない。

私(麦子、Mugiko, 麦子ちゃん、麦(ばく)さん)の本質的なテーマは、『日本再生』です。
20年の長期スケールで実行すべきと考えています。女装とかは関係ないですけれど。
ただ、このブログが今私がもっとも書きやすい日記だから、こういう話を書いているだけです。
たまたまね。

このあたりのテーマが麦ちゃんの最も重要なテーマみたいですね。
それから、愛について。
SMなんて、異常性癖の一つでしかありません。
女装、ニューハーフ、She Maleも同様です。
ただ、『ニューハーフ』とは、ローカルな用語、概念であり、ニューハーフ ≠ She Maleなんですよ。
難しいのは文化とは時代の関数だということです。
昔はフェラチオなんて、異常でしかなかったわけですよね。今では、フェラチオどころか、アナルセックスでさえ、ノーマル?とか言い出す人もいるでしょうね。

例えば、ニューハーフのセックスは、アナルセックス、つまり肛門性交です。
しかし肛門性交に関する快楽中枢は、男女間で大きな差異があります。これは男性特有の前立腺を利用したドライオーガズムがあり、女にはないからです。

ま、何が正常で何が異常か?なんて些細な事なんですが、何が基本で何がそうでないのか?
の原点は何事においてもきわめて大切と思いますよ。

だめだわ、あっちこっちいきすぎて。ばくちゃんの悪いくせだわ。
一番重要なのは、『日本再生』といキーワードと、『愛』ですわ。
* Category : ブログ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。