FC2ブログ
09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-20 (Thu)
fufuさんのことを思い出すのも久しぶりだ。
同じ色の魂を持つ女性だった。それは彼女も同じように思っていた。
二人の会話に言葉はいらなかった。
全て、お見通しだった。そして見透かされていることもお互いにわかった。
でも、女性である分、fufuさんの方が上だったかな?

同じ魂の持ち主に出会う。
この経験は他では形容しようがない。
幸せ?充実?そういうことではない・・・・。

fufuさんに言われたことがある。
「あなたは亜子さんを愛するようには、私を愛さない・・・」。

それが全てだったのだと思う。

愛の難しさを初めて認識した。

fufuさんとの最後の会話は、僕が詩織ちゃんのことを相談した時。
彼女はわかっていたのだろう。どれだけ言っても、僕が詩織ちゃんを
諦めることが出来ないことを。1時間近く電話で話をしていた。
その事ばかりを・・・・。

それが最後だった。

彼女は宿命論者?だ。
全ての事象は偶然ではなく、必然である、と。inevitable。

麦ちゃんの人生に与えられた仕組まれた唯一のつがいは、おそらく、彼女だと今でも思う。

そして、それは結ばれないさだめだったのだろう。

「あなたは亜子さんを愛するようには、私を愛さない・・・」。
* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。