FC2ブログ
10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-01-20 (Mon)
パチンコを把握する上で、大当たり確率に関して、設計上、理論上の大当たり確率と、実際に遊戯した結果としての経験確率との差異、関係を調べるのは興味深い。

実際のシミュレーションプログラムを設計する場合に注意しなければならないならないのは、ランダムさを保証出来るかどうかである。例えば、C言語などのプログラム言語には標準で乱数列を発生する関数があるが、コンピューター内で生成される乱数には規則性が残り、ある周期性が出てしまう。この解決策として完全乱数列生成を議論する学会分化会っと公開ライブラリーもある。

ここまでは、どうでもいい事だが、重要な基本。

結論を先に言えば、「パチンコとは結果の科学」であり、試行された結果しか、議論しえない。

ただ、30日間?半年?打ち続けたら、どんな出玉になるか?をシミュレーションして分析する事は出来る。
興味ある人は麦子のHPを見て下さい。

問題はツキの科学よね。科学と言うからは、それなりの方法論を展開しないといけない。
でもねえ、麦子が思うに、一つ一つの事象の連鎖を選択する確率は限りなく小さいわけで。偶然ではすませられないわ。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。